オーストラリア資格枠組の改訂に向けた見直しが完了

2019年10月、オーストラリア教育省は国の資格枠組であるAustralian Qualifications Framework(AQF)の改訂に向けて、現行のAQFの見直しに関する報告書「REVIEW OF THE AUSTRALIAN QUALIFICATIONS FRAMEWORK」を公開した。報告書の中では見直し案として、AQFのレベル数を10段階から8段階に再構成すること、現行のAQFでは保証されていない短期教育の単位認定を可能にして学術教育・職業教育間の移動を容易にすること、AQFの運用をより柔軟で簡素にすることなどが提案された。

AQFは1995年に創設され、過去には2011年、2013年の二度にわたり改訂が行われた。今回の見直しは2018年6月に専門委員会の立ち上げによって開始した。見直しが完了した今後は、新しい枠組への移行に向けて徐々に政策や制度が整えられていく見通しとなっている。

AQFの構成が10段階から8段階に、新たな資格の創設も検討

AQFの構成に関しては、既存の資格を10から8つの段階に再分類することが提案されている。
報告書は、世界的に見ると国の資格枠組は初等教育から高等教育までの全教育段階を8~10段階に分類することが多いが、AQFは第三段階教育(tertiary education)のみを対象に10段階で示していることから、他国に比べ分類が細かいとされている。資格枠組の段階を8つに再構成することによって、段階ごとの差異を明確にし、資格をより詳細に説明するディスクリプタ―(説明指標)で明確に資格の種類を定めることができるとしている。

クリックすると拡大します。

また、従来のAQFでは、例えばレベル5に位置する資格は同じレベル5のディスクリプターしか適用できないため、柔軟性に欠け、国内で流通する資格の多様性を上手く説明できないという指摘があった。そのため、新たなAQFでは、一つの資格に対して、例えば段階4~6の「知識」のディスクリプターと、段階3~6の「スキル」のディスクリプターを組み合わせるなど、段階をまたぐことを可能にした柔軟な運用策が提案されている(右図[当報告書p.33より])。

資格の編成については複数のオプションが示されているが、どのオプションにおいても、レベル5(Diploma)とレベル6(Advanced Diploma, Associate Degree)を統合することで一致している。その他、AQFに新しく組み込まれる資格として「Higher Diploma」の創設が提案された。Higher Diplomaは学士と同じレベルに位置づけられる職業教育および学術教育の資格を想定している。

AQFの外にある短期教育の承認と異なるセクター間の進学が可能な新パスウェイポリシー

報告書によれば、マイクロクレデンシャル※1を含む短期教育によって得られる資格は次第に普及しており、重要性が増す一方、これらの資格はAQFの対象外のため、AQF上の資格に対応させることが必要であるという。

短期教育は様々なAQFレベルで提供されているため、新たなAQFにおいて特定の段階に位置づけることは難しいと報告書では結論付けた。結果として、短期教育の資格をAQFに掲載することは時期尚早であるものの、単位認定(credit recognition)という形で高等教育機関が承認することが提案されている。ニュージーランドでは、マイクロクレデンシャルを、単位認定を伴う正式な教育・訓練制度として認めている(本サイト2018/9/12投稿記事)

また、これまでのパスウェイポリシー※2では職業教育から高等教育への移行に焦点が当てられてきたが、両者を含む異なるセクター間の移動を可能とする複数の方向への移行を視野に入れたパスウェイポリシーが提案されている。

※1マイクロクレデンシャル
一般的に、学位取得を目指す学習よりもより細かく区切られた学習単位であり、個別に大学などの主体が認証したものとされる。詳細な定義は各国・地域で異なり、名称についてもバッジやナノディグリー等、様々である。オーストラリアでは今回のAQF見直しにあたって「フォーマル教育資格の追加的、代替的、補完的もしくはその一部を構成する審査された学習の証書」という定義が用いられた。オーストラリアでは、バッジを集めることによって学位取得が可能な大学もある(本サイト2015/9/3投稿記事)

※2 パスウェイとパスウェイポリシー
当報告書によれば、保有する学習成果や資格の全部または一部が承認されることによって、編入学など、学生に認められた資格段階の移動経路を示す。パスウェイポリシーとは、AQF Qualifications Pathways Policyという、ノンフォーマル/インフォーマル学習を含む、学生の学習を認め、資格の取得につながるパスウェイを提供する制度のこと。

原典①:オーストラリア教育省(英語)
原典②:オーストラリア教育省(英語)

カテゴリー: 豪州 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す