テーマ別アーカイブ:英国

英国QAAが会員制を導入:一部ウェブ資料の閲覧やイベント参加が会員に限定

2019年8月1日より英国高等教育質保証機構(QAA)は高等教育機関が負担する各種費用の徴収方法を定額制(Subscription)から会費制(Membership)に変更した。この変更により今後会員機関のみが参加できるイベントやウェビナー等が開催されるようになるほか、一部資料へのアクセスも会員機関のみに限定されることになる。2019年9月27日現在で209機関が会員となっている。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , | コメントする

質保証の海外輸出:英QAAが海外大学を対象にした新たな質保証レビューを開始

2019年11月、英国QAAは、英国外の高等教育機関を対象とする国際質レビュー(International Quality Review:IQR)を本格始動させた※1。IQRの評価は「欧州高等教育圏における質保証の基準とガイドライン(ESG)」に照らして検証されるため、受審機関の国際的な信頼性や地位の向上のほか英国機関との協定締結の円滑化等が期待されている。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , | コメントする

イギリスの欧州連合離脱(ブレグジット)のエラスムス+に与える影響

英国のEU離脱問題、いわゆるブレグジットはエラスムスプラスに大きな影響を与えかねないことをBBCは報じた。英国のEU離脱のタイミング、またEU側との事前合意の有無の不透明性が、エラスムスプラスを運営する高等教育機関に大きな混乱を与えている。 続きを読む

カテゴリー: EU, 英国 | タグ: , , | コメントする

国境を越える教育(TNE)の質をどう保証するか:英国で制度見直し

国境を越える教育(Transnational Education:TNE)を提供する英国の学位授与機関(大学等)を対象に質保証を行う「TNEレビュー」が資金配分機関からの支援終了を契機に、変革の時期を迎えている。現在、英国高等教育質保証機構(QAA)等は、TNEレビューの今後の方針案に関するコンサルテーション(オンラインアンケート方式、2020/1/3〆切)を実施している。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , , , , | コメントする

外国大学の日本校として、上海大学東京校が新たに指定される

文部科学省のウェブサイトによると、2019年6月28日に上海大学東京校(東京都新宿区)が外国大学日本校としての指定を受けた。指定されたのは同校の中国語学部中国語学科。外国の大学の課程を有する教育施設として認められたことで、同科の卒業生は日本の大学院入学資格を有することになる。 続きを読む

カテゴリー: その他の国・地域, ロシア, 米国, 英国, 豪州, 中国 | タグ: , | コメントする

学位の価値を揺るがす成績インフレがイギリスで蔓延(2017-18年)

 イギリスのイングランド地方では近年、学部卒業生の成績インフレが大きな問題となっている。2019年7月11日に学生局が公表した成績分布状況の分析によると、2017-18年も引き続き、最優秀成績(1st)で卒業する学生の割合が説明のつかない増加をしていることが明らかになった。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , | コメントする

【トヨタもスターバックスも】企業による従業員の教育支援、3か国の事例

日本では企業が従業員の奨学金返済を支援

外国では企業が大学と連携して従業員の学習を支援

従業員は経済面で、企業は人材育成面でメリット


続きを読む →
カテゴリー: その他の国・地域, 米国, 英国 | タグ: , , , | コメントする

UAE:ドバイ政府が高等教育格付けを発表、17のTNE機関に星が付けられる

ドバイ域内の高等教育機関を政府が格付け

国境を越えた教育(TNE)を提供する17機関が対象

世界大学ランキングを提供するQS社と提携

続きを読む →
カテゴリー: その他の国・地域, 英国, 中国 | タグ: , , , , | コメントする

英国TEF2019が金銀銅で大学・カレッジを格付けー次回から分野別評価

2019年6月19日、イギリスの学生局(OfS)は、2018-2019年度の機関別TEF(教育卓越性・学習成果評価枠組)で78の高等教育機関がTEFの称号を獲得したと発表した。これにより、2019年6月現在で計282機関がTEFの称号を保持することになった。これまでTEFは機関別で評価を行ってきたが、次回から分野別評価に移行するため、今後制度の見直しが行われる。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , , , | コメントする

第一志望にするなら即合格 – 英大学入試で「条件付き無条件合格」が問題に

イギリスの大学入試では、一部大学からの合否の通知方法が受験生の進路選択の幅を狭めていると問題になっている。大学入学資格Aレベル試験で最終的な合否が決まる前の学生に対し、当大学を第一志望にすれば試験結果に関係なく無条件で合格にすると通知するもので 「条件付き無条件合格」と呼ばれている。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , | コメントする