タグアーカイブ:大学基本能力診断評価

韓国: 2021年大学基本能力診断評価のフォローアップ―一般財政支援大学を追加選定

韓国教育部は2022年6月3日、一般財政支援大学の追加選定結果を発表した。2021年に実施された大学基本能力診断評価の結果、一般財政支援大学(「大学/専門大学革新支援事業」の補助を受ける)に選定されなかった大学を対象に追加の評価が行われ、13大学(4年制大学6大学、専門大学7大学)が追加選定されたものである。 続きを読む

カテゴリー: 韓国 | タグ: , , | コメントする

韓国:-大学基本能力診断評価未選定大学を追加選定へ―大学革新支援事業予算増額を議決

2021年11月16日、韓国国会は第4回教育委員会全体会議を開き、2022年度教育部予算案を議決した。この中で、2021年に実施された「大学基本能力診断評価」(本サイト2021年11月1日掲載記事)で一般財政支援大学に選定された大学のみに交付される補助金「大学/専門大学革新支援事業」の予算について、総額1,210億ウォン(約116億円[2021年12月時点、以下同じ])が増額され、去る評価で同事業の選定を受けなかった一般大学・専門大学(未選定大学。原文:미선정 대학)合わせて52校のうち27校(一般大学13校、専門大学14校)に追加で補助金が交付される方針が固まった。しかしその後の国会審議を経て、最終的に12月3日に2022年度教育部予算が確定した際には、同事業予算は320億ウォン(約31億円)の増額に留まり、追加で選定を受ける大学数も一般大学・専門大学合わせて13校に限られることとなった。 続きを読む

カテゴリー: 韓国 | タグ: , , , , | コメントする

韓国:教員養成機関能力診断評価の結果公表。約3,200人の養成定員削減へ。

韓国教育部と韓国教育開発院は教員養成機関能力診断評価(大学・大学院対象)の結果を2021年2月23日に公表した。本制度は、大学等に置かれる教員養成を目的とした学部等を対象とした評価であり、評価結果が次年度の教員養成定員(以下、養成定員)に影響を与えることから、大学にとって重要な意味を持っている。評価の結果、全体で約3,200人の養成定員が削減される見込みとなった。 続きを読む

カテゴリー: 韓国 | タグ: , | コメントする

韓国教育部が大学基本能力診断評価の1段階診断の仮結果を発表

韓国教育部が6月20日(水)大学への財政支援や定員管理に影響をもたらす大学基本能力診断評価の1段階診断の仮結果を各大学に通知した。当評価は、原則として全ての一般大学、産業大学、専門大学を対象に、大学が備えるべき基本要件及び高等教育機関としての持続可能性を診断し、診断結果によって、定員削減の勧告や財政 … 続きを読む

カテゴリー: 韓国 | タグ: , , , | コメントする