タグアーカイブ:資格認定

欧州:加速する資格の「自動認証」化 FAIRプロジェクト報告書公開

国同士の資格の自動認証連携で、国を越えた進学・就職手続きの簡素化が期待される

すでにベネルクス三国や北欧地域など、資格の自動認証による連携が増加

高等教育機関による自動認証の実証実験で課題抽出

続きを読む →
カテゴリー: オランダ, EU | タグ: , , , , , , , , | コメントする

米国:コンピテンスを中心に据えた資格認証制度の構築―アクションプランで具体的な取組みが示される

米国のルミナ財団※1及び48の賛助団体※2は、2015年6月より、資格※3保有者の持つ知識・技能を説明し各資格の質や資格の接続を明らかにすることで、学習者及び雇用者にとってより理解・利用しやすい資格認証制度の構築を目指している。具体的には、(1)「コンピテンスを中心に据えた資格制度構築へ向けた全国対 … 続きを読む

カテゴリー: 米国 | タグ: , , , , | コメントする

ドイツ:人材確保のためオランダの上級中等職業教育資格を認証へ

ドイツのNRW州がオランダのMBO資格を認証へ

州内の専門職人材の不足へ対処

独蘭国境に住むMBO取得者の就職先拡大

続きを読む →
カテゴリー: オランダ, ドイツ, EU | タグ: , , | コメントする

蘭:入学資格の証明書類を持たない難民の入学審査の手続きのためのツールキット

原典: EP-Nuffic(英語) 2016年11月、オランダEP-Nufficは国内大学と協力して、入学資格の証明書類を持たない難民に対する入学審査手続きを高等教育機関が確立するためのツールキット(オランダ語)を開発した。 オランダではリスボン認証条約(参照:NIAD-QE国際連携ウェブサイト)に … 続きを読む

カテゴリー: オランダ | タグ: , | コメントする

NICがステークホルダー調査、対外的な関係強化に課題

出典:UK NARIC 報告書:Final Report

NICとステークホルダーとの関係性をまとめた調査の報告書

ステークホルダーとの関係強化に向けた4つの提言を公開

NICの役割は好意的に受け止められている

具体的な連携はこれから

続きを読む →
カテゴリー: EU | タグ: , , | コメントする

資格と技能の認証に係る欧州の課題―認証における障害を克服するための提言

原典:欧州委員会(英語) 2016年11月、欧州委員会(EC)は、欧州連合(EU)加盟国における、資格と技能の認証に関する報告書「Study on Obstacles to Recognition of Skills and Qualifications」を公開した。 同報告書は、資格や技能の認証に … 続きを読む

カテゴリー: EU | タグ: , , | コメントする

北欧各国の教育大臣「レイキャヴィーク宣言」を改訂

北欧5ヶ国3地域の教育大臣が会合

資格の認証に関する合意文書を改訂

高等教育資格の自動認証など、新たな時代の連携へ

続きを読む →
カテゴリー: EU | タグ: , , , | コメントする

各国の高等教育国際化政策 質保証に課題残る

出典:British Council (英語)

  • 世界26ヶ国の高等教育国際化政策を比較

  • 3つの領域、37の項目について評価

  • 「質保証と学位の認証」領域ではオーストラリアがトップ評価

  • 多くの国では国際化に対する質保証への遅れが目立つ

続きを読む →
カテゴリー: その他の国・地域, インドネシア, タイ, ドイツ, ベトナム, マレーシア, 米国, 英国, 豪州 | タグ: , , | コメントする

インド:外国資格の個別審査を原則廃止へ

出典:Indiatoday in Education 外国の高等教育資格(専門資格を除く)は原則としてインドでもその同等性を認めることとするとの提言をインドの人材開発大臣の諮問を受けた関連の委員会がまとめたことを、現地誌「Indiatoday」が2016年1月13日付で報じている。この提言は、学生の … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , | コメントする

難民向けの欧州共通資格パスポート構想が提案される

出典:NOKUT ノルウェーで高等教育の質保証と外国資格評価の双方を行うNOKUT*は、欧州で増加する難民が有する資格を証明する欧州共通の仕組みの導入を提案した。「難民のための資格パスポート」(European Qualifications Passport)と呼ばれるこの構想は、すでにNOKUTとUK NARIC*によって欧州委員会および欧州議会に提案されている。この資格パスポートによって、欧州共通の認定制度によって認められた資格を持つ難民は、資格証明書の入手が困難な場合であっても、域内の別の国へ移動した際も再度の資格認定を受ける必要がなくなる。そのため、難民やその家族だけでなく、受入国にとっても適切な労働力を迅速に確保できるメリットがある。 続きを読む →
カテゴリー: EU | タグ: , | コメントする