タグアーカイブ:資格認証

質保証と学術資格の承認の連携で公正な資格承認を―LIREQAプロジェクト

留学生の入学選抜を行う際、大学はどのようなことに気を付けているでしょうか。
各大学が定める出願資格に照らして入学希望者が必要な学習を修了しているか、入学希望者が保持する学術資格を審査します。あわせて、卒業した機関が正規に認証された機関であるかなど、これまでに受けた学習の質を調べます。 続きを読む

カテゴリー: QAなるほどトピックス | タグ: , | コメントする

インドがオーストラリアのパスウェイ課程を承認

2019年6月、インドで外国資格の同等性評価を行うインド大学協会はオーストラリアのパスウェイ課程(pathway)を高等教育の一部として承認した。これまでインドでは、オーストラリアで取得した学士について、3年間すべてを同一の大学で学んだ場合のみインドの学士と同等であるとし、パスウェイ課程経由の学士の同等性を認めていなかった。 続きを読む

カテゴリー: 豪州 | タグ: , | コメントする

今年は2562年?さまざまな紀年法が資格の国際通用性に与える影響

紀年法の違いと資格の国際通用性 日本では学位記や卒業証明書等において元号表記が用いられるのが通例ですが、海外でも西暦以外の紀年法が用いられることがあります。一般的でない紀年法が利用されると、当該国以外でその資格を承認する確認手続きが煩雑になりますから、国際通用性にも影響を与えかねません。 特定の国で … 続きを読む

カテゴリー: QAなるほどトピックス | タグ: , , | コメントする

移民、難民の潜在的可能性を活用するために―教育・雇用現場でできることとは

UNESCOが2018年12月にポリシーペーパー37号「What a waste: Ensure migrants and refugees’ qualifications and prior learning are recognized」を発行した。このポリシーペーパーでは、資格や既修得学習の審 … 続きを読む

カテゴリー: その他の国・地域, 国際機関等 | タグ: , , , | コメントする

留学生の適切な入学審査のために―ディプロマミルから証明書のトレンドまで

進学や就職にあたって必ず提出が求められる書類として、高等学校の卒業証明書や大学の学位記などがあります。入学試験担当部署ではこのような書類と関わることが多いのですが、偽造を疑ったことはあるでしょうか。 実際、アジア諸国において、偽造書類が発覚した出願者の国籍は、多い順からベトナム(25.30%)、タイ … 続きを読む

カテゴリー: QAなるほどトピックス | タグ: , , , | コメントする

書類を有さない難民の資格審査、カナダでプログラムとして確立、米国でも2019年からスタート

2018年10月、カナダで難民の資格審査のパイロット事業を実施しているWorld Education Services(WES)は、当事業を正式なプログラム「The Gateway Program」として確立した。 2015年以降、カナダに逃れた47,000人のシリア難民のうち、約半数は学位を保有し … 続きを読む

カテゴリー: その他の国・地域, 米国 | タグ: , , | コメントする

南アフリカで資格審査結果についてデジタルサティフィケート(電子証書)を発行

南アフリカの資格機関である、South African Qualifications Authority(SAQA)が、外国の資格審査の結果をデジタルサティフィケート(以下、電子証書)によって発行する試みを2018年3月にパイロットプロジェクトという形で立ち上げた。当パイロットプロジェクトはPriv … 続きを読む

カテゴリー: その他の国・地域 | タグ: , | コメントする

アジア太平洋地域における国家資格枠組に対する認識は―UNESCOのガイドラインから―

2018年9月、UNESCOはアジア太平洋地域における国家資格枠組(NQF)の発展と強化に関するガイドライン「Guidelines on Developing and Strengthening Qualifications Frameworks in Asia and the Pacific – … 続きを読む

カテゴリー: その他の国・地域, 国際機関等 | タグ: , , | コメントする

エストニアでも書類のない難民の資格審査を開始

学位証書をはじめとした学習歴を証明する書類を持たない難民に対する学習歴を認定する取組は、欧州を中心として広がりつつある。 2018年6月8日にエストニアで、外国における教育に関する書類の審査と学術教育の認証に係る法律が施行された。本法律によって、難民や難民に準ずる状態にある人物が、中等教育および高等 … 続きを読む

カテゴリー: EU | タグ: , | コメントする

欧州でも進む電子署名の資格証明書、ブロックチェーン導入の模索も

2018年1月に欧州委員会は「Digital Education Action Plan」を採択し、その取組として、教育における技術面での支援やデジタル・コンピテンスにかかる11の計画を採択した。 11の計画には電子署名の資格証明書(Digitally-Signed Qualifications)( … 続きを読む

カテゴリー: EU | タグ: , , , | コメントする