タグアーカイブ:QAなるほどトピックス

魅力的な欧州留学-エラスムス・プラスで多様性に触れる

グローバル化が急速に進む現在、文化や言語、考え方や習慣等の多様性に対する理解が今後さらに必要とされるコンピテンスであることは言うまでもありません。しかし、とくに日本においては、このような多様性に触れられる機会はそう多くないのが現状です。 欧州委員会(EC)が実施するエラスムス・プラスをご存知でしょう … 続きを読む

カテゴリー: QAなるほどトピックス | タグ: , , , | コメントする

評価制度への雇用者の参画―卒業後に活かせる学びをともにデザインする

欧米では、高等教育やその評価について、産業界からの意見を反映させることが求められています。 米国では、大学の教育プログラムを評価する「専門アクレディテーション」が実施されており、そこでは各分野の産業界からの専門家(技能者や雇用者等)が評価機関の意思決定に参加し、評価基準を策定・改訂したり、訪問調査チ … 続きを読む

カテゴリー: QAなるほどトピックス | タグ: , , , | コメントする

学生の声を評価に反映する意義‐欧州の視点から

欧州では、学生を評価委員として採用するなど、評価への積極的な学生の登用が進んでいます。他方、日本においては、認証評価制度の仕組みの中で、各高等教育機関が行っている学生満足度調査の結果を参照し、また、訪問調査の際に学生にもインタビューなどを行っているものの、それほど深くは関わっておらず、認証評価の仕組 … 続きを読む

カテゴリー: QAなるほどトピックス | タグ: , , | コメントする