投稿者「niadiad」のアーカイブ

イギリスAレベルで44.3%がA判定以上:コロナ禍での試験中止の影響とは

2021年8月10日、イギリスの大学入学資格「GCE Aレベル(以下Aレベル)」の結果が公表された。前年に引き続き新型コロナウイルスの影響でAレベル試験は中止となり、2021年は中等教育学校等の教員が各生徒の最終成績を判定した。本記事では、教員が判定した今年の最終成績の分布とAレベルの質を確保するために中等教育学校等で実施された対策に焦点を当てて紹介する。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , | コメントする

UNESCO等:新型コロナウイルス流行による教育動向調査に143ヶ国回答

UNESCO(国際連合教育科学文化機関)、UNICEF(国際連合児童基金)、世界銀行及びOECD(経済協力開発機構)が共同で、世界各国の教育担当省庁に対して「Survey on National Education Responses to COVID-19 School Closures」を実施し、その結果をまとめた報告書「WHAT’S NEXT? Lessons on Education Recovery: Findings from a Survey of Ministries of Education amid the COVID-19 Pandemic」が2021年6月に刊行された。設問は就学前、初等教育、中等教育の各段階に及び、143ヶ国が回答している。 続きを読む

カテゴリー: 国際機関等 | タグ: , | コメントする

欧州:資格の承認における適切な情報提供とは―高等教育機関向けのガイドライン公表

イタリアの国内情報センターであるCIMEAが、2021年5月にボローニャ・プロセスのテーマ別ピアグループBのプロジェクトの成果物として「Information Provision on Recognition of Qualifications. A Practical Guide for Higher Education Institutions」を公表した。高等教育機関向けに実践的な情報提供の指針を示すことで、リスボン承認規約の規定に則り、高等教育機関が提供する資格の承認に関する情報の質を向上させることが目的である。 続きを読む

カテゴリー: EU | タグ: , | コメントする

コロナ禍で需要が拡大するオンライン教育の質保証基準をAPQNが策定

2021年5月31日、アジア太平洋質保証ネットワーク(APQN)は、域内の高等教育機関等向けにオンライン教育のための質保証基準「APQN Standard for Online-Teaching Quality Assurance」※1の策定を発表した。基準は、「オンライン教育環境」、「教員のオンライン教育」をはじめとする評価項目・指標で構成され、高等教育機関等がオンライン教育の質を測る上での指針となる内容が記述されている。

※1 「APQNews Issue 23」p.14-21に掲載。
続きを読む

カテゴリー: 国際機関等 | タグ: , | コメントする

欧州:「実質的相違」を考える―外国資格承認に関する報告書が公開

2021年5月、イタリアの国内情報センターである学術移動・同等性情報センター(CIMEA)がボローニャ・プロセスのテーマ別ピアグループB(Thematic Peer Group B)のプロジェクト成果物として「Substantial differences: A glimpse of theory, practice and guidelines」を公表した。

本報告書は、外国資格承認における中核的要素である「実質的相違」(Substantial Differences)を主題とし、その全体像の説明やケーススタディを通して、高等教育機関などが実質的相違について検討する際の考え方の指針となることが期待されている。 続きを読む

カテゴリー: EU | タグ: , , | コメントする

韓国:高等教育法改正。専門大学での専門技術修士課程設置へ。

2021年3月23日付けで韓国の高等教育法が一部改正され、専門大学(原文:전문대학)に新たに専門技術修士課程(原文:전문기술석사과정)を設置し、修了者に専門技術修士(原文:전문기술석사)の学位を授与できることとなった。専門大学が授与できる学位として従来の専門学士と学士に専門技術修士が新たに加わった背景には、文在寅政権の国政課題解決策の一つである、高度な職業教育課程を備えた専門大学、いわゆる「マイスター大学」の制度の導入があり、今回の改正はマイスター大学の制度化に向けた第一歩となった。 続きを読む

カテゴリー: 韓国 | タグ: , | コメントする

イギリスTEFが分野別評価への移行を見送り:格付け名や評価サイクルは変更に

イギリスの「教育卓越性・学習成果評価枠組み(TEF: Teaching Excellence and Student Outcomes Framework)」が転換期を迎えている。TEFは、国の最低要件を満たしていることを前提に、イギリスの各高等教育機関の教育と学生が得られる成果の卓越性を評価する制度である。2019年、従来行われてきた機関別評価から2021年に分野別評価へ移行することが公表され、準備が進められていたが、外部有識者によるレビューの結果、機関別評価が継続されることとなった。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , , , , | コメントする

中国政府が第二学士学位教育制度の推進を本格化

2021年度の中国の大学卒業者数は909万人(前年比35万人増)に上り(参考①)、卒業生の進路の確保が深刻になっている。そこで中国政府は、就職だけでなく進学支援にも力を入れ、2020年度に続き2021年度も第二学士学位制度を推進すると発表した。2020年度は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による緊急の対応として、廃止を決定していた同制度を存続させたが(本サイト2020年10月19日掲載記事)、2021年度は「全国普通高等教育機関第二学士学位入試情報プラットフォーム」(原語:全国普通高校第二学士学位招生信息平台)(以下、「入試情報プラットフォーム」と表記)を開設するなど本格的な体制を整備した。 続きを読む

カテゴリー: 中国 | タグ: , | コメントする

アメリカ: コロナ禍での大学・カレッジの対応を探る―授業形態・学生受入等の動向

米国教育協議会(ACE)は、アメリカの大学・カレッジの学長を対象に、新型コロナウイルスがもたらした課題に対する大学・カレッジの対応に関する調査を2021年2月と4月の2回にわたって行った。
調査は幅広い事柄に対して、新型コロナウイルス拡大前と比較して質問したものであり、新型コロナウイルスによってもたらされた課題のみならず、これを契機に高等教育機関が対応を変更した事項と変更しなかった事項が明らかになった。下記では、授業形態や学生受入を中心にまとめた。 続きを読む

カテゴリー: アメリカ合衆国 | タグ: , , | コメントする

韓国:教員養成機関能力診断評価の結果公表。約3,200人の養成定員削減へ。

韓国教育部と韓国教育開発院は教員養成機関能力診断評価(大学・大学院対象)の結果を2021年2月23日に公表した。本制度は、大学等に置かれる教員養成を目的とした学部等を対象とした評価であり、評価結果が次年度の教員養成定員(以下、養成定員)に影響を与えることから、大学にとって重要な意味を持っている。評価の結果、全体で約3,200人の養成定員が削減される見込みとなった。 続きを読む

カテゴリー: 韓国 | タグ: , | コメントする