テーマ別アーカイブ:英国

イギリス:拡大する成績インフレ―10年間の推移を分析(2010-11~2020-21年度)

 近年、イングランドで好成績で大学を卒業する学生が過剰に増加する「成績インフレ」 が懸念される中、2022年5月にイングランドの学生局(OfS)※1は、10年間の成績分布の分析結果をまとめた報告書「Analysis of degree classifications over time: Changes in graduate attainment from 2010-11 to 2020-21」を公開した。最優秀成績で卒業した学生の割合が10年間で2倍以上になったことを明らかにするとともに、大学等にパンデミックを理由に成績インフレを常態化してはならないと注意喚起を行った。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , , | コメントする

イギリス:2022年大学入学資格「GCE Aレベル」試験を3年ぶりに実施

2021年9月30日、イギリスの教育省(DfE※1)、資格・試験規制機関(Ofqual※2)及び教育大臣は、イングランドにおける2022年の大学入学資格「GCE Aレベル(以下Aレベル)」※3試験を、2019年以来3年ぶりに実施することを発表した。新型コロナウイルスの影響による教育の中断を考慮し、公平性確保に向けた学生支援策が講じられている。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , , | コメントする

イギリス大学等の質・基準の最低要件が改定:教育の質の向上と成績インフレ抑制へ

2022年3月2日、英国・イングランドの学生局(Office for Student:OfS)※1は高等教育機関登録制度の登録要件のうち、高等教育の質と基準に関する要件であるB1、B2、B4、B5を改定することを発表した。また併せて、新たな登録要件B7、B8も追加されることとなった。改定後の基準は2022年5月1日から適用される予定である。OfSは今後新たな基準のもと、教育の質の向上と成績インフレの抑制に取り組む。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , , | コメントする

オンライン教育が学び方や学習成果に与えた影響は:イギリスの大学等の調査結果が公表

新型コロナウイルスの流行を背景とするオンライン教育・ハイブリッド型教育(オンラインと対面の併用)への転換が学生の学び方、学習成果、学習成果の測定・評価に与えた影響について、英国高等教育質保証機構(QAA)はイギリスの大学等を対象に調査を行い、2022年1月25日に結果を公開した。オンライン化で大きな影響を受けた学生の特徴や学習成果の測定方法の様々な変化が明らかになった。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , , | コメントする

225ヶ国・地域で45万人がイギリス大学の学位を目指す:ホスト国での教育の評価も始動

英国大学協会国際部によると、2019年度、日本を含む世界225か国・地域で、45万人の学生がイギリスの大学の学位取得を目指して学んだ。そうしたなか、イギリスの大学が海外協定校、オンライン教育、ブランチキャンパス等を通じて国外で提供する教育(トランスナショナル教育)を対象とした評価が2021年9月から5年計画で始まる。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , , , , | コメントする

イギリスで論文代行業を法律上禁止へ:大学等が不正を防ぐための7つの原則

2021年10月5日、イギリス政府はイングランドで論文代行業を法律で禁止する意向を明らかにした。学生から金銭を受け取り、論文の執筆を代行する業者の数は1,000を超えており、高等教育の質や学位の信頼性を脅かしている。大学等も不正防止対策を強化しており、昨年英国高等教育質保証機構(QAA)が定めた7つの原則の実践に取り組んでいる。 続きを読む

カテゴリー: オーストラリア, 英国 | タグ: , , , | コメントする

イギリスAレベルで44.3%がA判定以上:コロナ禍での試験中止の影響とは

2021年8月10日、イギリスの大学入学資格「GCE Aレベル(以下Aレベル)」の結果が公表された。前年に引き続き新型コロナウイルスの影響でAレベル試験は中止となり、2021年は中等教育学校等の教員が各生徒の最終成績を判定した。本記事では、教員が判定した今年の最終成績の分布とAレベルの質を確保するために中等教育学校等で実施された対策に焦点を当てて紹介する。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , | コメントする

イギリスTEFが分野別評価への移行を見送り:格付け名や評価サイクルは変更に

イギリスの「教育卓越性・学習成果評価枠組み(TEF: Teaching Excellence and Student Outcomes Framework)」が転換期を迎えている。TEFは、国の最低要件を満たしていることを前提に、イギリスの各高等教育機関の教育と学生が得られる成果の卓越性を評価する制度である。2019年、従来行われてきた機関別評価から2021年に分野別評価へ移行することが公表され、準備が進められていたが、外部有識者によるレビューの結果、機関別評価が継続されることとなった。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , , , , | コメントする

【EU】:「エラスムス+ 2021-2027」新プログラムの概要と予算規模が発表

EUの助成金事業「エラスムス+」の新プログラム(Erasmus+ 2021-2027)の概要と予算規模が2021年3月25日、欧州委員会(EC)HP上の特設サイトで公開された。「エラスムス+」とは、教育、職業訓練、青年の育成、スポーツに関する国境を越えた移動と協働を支援する事業である。 続きを読む

カテゴリー: その他の国・地域, オランダ, ドイツ, フランス, EU, 英国, 国際機関等 | タグ: , , | コメントする

2021年:イギリス大学入学資格「GCE Aレベル」試験がコロナの影響で2年連続中止

イギリスの教育大臣は、2021年1月に新型コロナウイルスの感染拡大がカリキュラムの学習進捗や生徒の試験準備に与える影響を考慮して、イングランドで今夏に予定していた「GCE Aレベル」試験の中止を発表した※1。本試験は2020年も新型コロナウイルスの影響で中止(本サイト2020/5/27掲載記事)している。2021年試験の代替措置では教員が各生徒の成績の判定を行う。 続きを読む

カテゴリー: 英国 | タグ: , , , , , | コメントする