ドイツのムーク(MOOC)講座が、修了者にECTS単位を授与へ

原典:University World News(英語)

ドイツの2大学(Lübeck工科大学、Osnabrück大学)は、ムーク(NIAD-UE国際課まとめ)のプラットフォームiversityを通じて提供する講座を修了した受講者に、キャンパスでの試験を課した上でECTS(NIAD-UE国際課まとめ)単位を授与することになった。

対象となるのは、Lübeck工科大学のMarc Opresnik教授による「マーケティング入門」と、Osnabrück大学のOliver Vornberger教授が提供する「アルゴリズムとデータ構造」。各オンライン講座を修了し、大学キャンパスでの試験に合格した受講生にはECTS単位が与えられる)。

講座名
(原語はドイツ語)
マーケティング入門 アルゴリズムとデータ構造
担当教員 Marc Opresnik Oliver Vornberger
提供大学 Lübeck工科大学 Osnabrück大学
開始時期 2013年10月中旬 2014年4月
授与される単位数 6ECTS単位 5ECTS単位

iversityによると、今後もムーク講座修了者へのECTS単位の授与を増やす方針とのことである。

カテゴリー: ドイツ, EU, 高等教育関係(ドイツ), 各国・機関の動向(欧州) タグ: , , パーマリンク