HEEACTがマカオの高等教育機関のプログラムアクレディテーションを実施

原典:HEEACT Annual Report 2014 (英語)
参考:MPI Music Programme Successfully Accredited by HEEACT Macao’s First Accredited HEI Programme in Creativity (英語)
MPI : General Information  (英語)
MPI : QAA Institutional Review (英語)

台湾の高等教育評鑑中心基金会(HEEACT)がマカオの公立機関「Macao Polytechnic Institute (MPI)」のプログラム・アクレディテーションを実施した。HEEACTが海外の高等教育機関に対して評価を実施するのは初めてである。

MPIは教育政策の規約により、2017年までに全てのプログラムの検証を実施するとしているが、2014年、HEEACTが、音楽プログラムのアクレディテーションを下表のとおり実施することとなった。HEEACTによる今回のプログラム・アクレディテーションは、当該機関やプログラムが継続的に学習成果の評価メカニズムの促進や自己改善メカニズムの構築ができるよう意図している。HEEACTは2014年11月に3日間の訪問調査を実施し、2015年3月に”認定”の評価結果を発表している。

MPI はマカオ特別行政区の学術評価の促進を目指す高等教育政策のもと、2013年にも英国QAAによる機関別レビューを受審している。この結果、2014年2月にQAAの最もよい評価結果である”Confidence”(問題なし)の認定を受け、MPIは国際的な基準を満たしていることが証明されており、MPIの定めているプログラムの質保証は強化されていると評価されている。

Macao Polytechnic Institute (MPI)は、1991年に設立された公立機関。専門的な知識や技術を習得できる機関として、教育と学習の国際通用性を高めることを目標としている。教員数は240名(内60%が博士取得教員)、専門スタッフは60名、学位取得プログラムの学生数は3,000人、トレーニング・コースの学生数は10,000人である。学部は、語学、ビジネス、行政、スポーツ、芸術、健康科学の6つ。修士課程ではジョイント・ディグリープログラム、博士課程ではジョイント・プログラムも提供している。

MPIの評価とHEEACTの第2期プログラム評価との比較

HEEACTによるMPIの評価 台湾の高等教育機関に対する第2期プログラム評価
評価基準 1. Objectives, core competencies, and    curriculum design

2. Teaching and learning assessment

3. Student counseling and learning resources

4. Academic and professional performance

5. Self improvement mechanism and graduate performance

1.Goals, core competencies, and curriculum

2    Teacher, teaching and support system

3.Student, learning and support system

4.Research, service and support system

5.Self-analysis, improvement and development

評価結果 3段階評価:
認定(accredited)、条件付き認定(conditionally accredited)、不認定(denial)
判定方法 訪問調査チームが評価結果案をまとめ、アクレディテーション委員会が最終判定を行う。この判定結果がHEEACT理事会の承認を得て、MPIに提出。 訪問調査チームが評価結果案をまとめ、受審機関への意見照会を経て、アクレディテーション小委員会、アクレディテーション委員会が判定を行う。この判定結果はHEEACT理事会の承認を得て、台湾教育部に提出。
カテゴリー: 質保証制度関係(台湾), 台湾 タグ: , パーマリンク