仏:HCERESが、学生評価委員の募集を開始

現在、フランスの高等教育機関の評価を行う専門委員会の構成員である評価者は、大学教授や研究者等の有識者で構成されている
新大統領が掲げた高等教育政策に対応するため、学生の評価委員の募集を開始
学生の評価委員は、フランスにおける4つの評価(学術共同体評価、機関別評価、教育課程・学位評価、研究評価)のうち、教育課程・学位評価の一部を担当する見込み

2017年5月7日にフランス新大統領に就任したエマニュエル・マクロン氏が掲げる高等教育政策(本サイト2017/0608投稿記事)の一環として、「大学の自治拡大」が挙げられる。大学の自治拡大のためには、まずは教育現場の独立性を高めることが必要であり、特に教授法に対する学生による評価の導入が必要としており、これを受けて研究・高等教育評価高等審議会(以下HCERES)が学生の評価委員の募集を開始したと見られる。

この募集は、ウェブサイト上で一般公募という形で行われている。また、募集に際し学生に問われる事項として、教育課程における評価で学生が果たす役割や高等教育の質保証の役割や影響についての意見、応募者がHCERESの評価に携わりたいと考えた理由等を挙げている。

学生の委員は、従来の評価者と同様、フランスにおける高等教育に関する深い知識や経験が求められ、最終評価報告書の執筆を含む全ての評価の工程に参画し、評価のために生じた交通費や謝金も支払われる。なお、被評価機関と何らかの関わりがある者は評価委員として選抜されない。

原典:HCERES(仏語)

カテゴリー: フランス タグ: , , , パーマリンク