フランス高等教育・研究省が「高等教育・研究の方向付けに関する法案」を提出

原典:フランス政府(フランス語)

2013年3月20日、フランス高等教育・研究省が「高等教育・研究の方向付けに関する法案」を閣議に提出した。

本法案には、フランスの高等教育改革を目的とした二大基本方針と、20項目から成る施策が含まれている。

二大基本方針

  • 全ての人に大学で教育を受ける機会を開放:生涯学習の推進と、外国語教育による留学生の呼び込み
  • フランス特有の複雑な教育システムによる弊害を除去:グランドゼコール準備学級と大学との連携を促進する

また、施策の中では、フランスの評価機関である研究・高等教育評価機構(AERES)の閉鎖について言及されており、新たな組織HCERES(Haut conseil de l’évaluation de la recherche et de l’enseignement supérieur; 研究・高等教育評価高等審議会)が設立され、AERESの業務を引き継ぐこととされている。 2013年5月から、フランス議会において議論が開始される。

※グランドゼコール準備学級とは、グランドゼコールへの入学資格を得るための学校である。グランドゼコールとは、工学、上級管理職、芸術、文学、社会科学および法律の専門家を養成する教育機関である。グランドゼコールに入学するためには、原則的にグランドゼコール準備学級での2年間の就学が必要である。
カテゴリー: フランス, 高等教育関係(フランス) タグ: , パーマリンク