OECDがAHELO Feasibility Study Report – Volume 2を発行

原典:OECD(経済協力開発機構)
報告書:AHELO Feasibility Study Report – Volume 2: Full Report(英語)

AHELO (Assessment of Higher Education Learning Outcomes) Feasibility Study(学生の大学卒業時の知識やスキルといった学習成果に対する世界共通レベルの実用的かつ実現可能な測定方法の策定について検討することを目的に、OECD(経済開発協力機構)が実施するプロジェクト)に関し、AHELO Feasibility Study Report – Volume 1(本サイト2013/3/27投稿記事)に続き、今回(2013年2月)、AHELO Feasibility Study Report- Volume 2が発行された。

報告書の構成は以下のとおり。

  • 第7章:妥当性と信頼性-AHELO Feasibility Studyのデータによる科学的実現可能性の洞察
  • 第8章:参加国の取組実績
  • 第9章:feasibility studyの専門諮問グループの役割(Technical Advisory Group: TAG)

今後、報告書第3巻および最終報告書の出版が予定されている。

カテゴリー: OECD(世界), 国際機関等 タグ: , , パーマリンク