中国の「在職者攻読修士(専門職学位)全国連合試験」廃止

原典:「关于2014年招收在职人员攻读硕士专业学位工作的通知」(中国語)

2014年6月、国務院学位委員会事務局は、「2014年度・在職者攻読修士(専門職学位)募集に関する通知」※1において、2016年より「在職者攻読修士(専門職学位)全国連合試験」※2を廃止すると発表した。

2016年以降、「在職者攻読修士(専門職学位)」の募集は、Executive MBA※3を除き、すべて非全日制カテゴリーとして国家の大学院生募集計画に組み込まれ、一般の大学院課程志願者と同様に「全国修士大学院統一入学試験」※4を受験することとなる。
2014年と2015年は、ひきつづき「在職者攻読修士(専門職学位)全国連合試験」が実施されるが、一部の学科においては「全国修士大学院統一入学試験」の受験が必要となる。

[文中の補足および関連リンク]
※1 「2014年度・在職者攻読修士(専門職学位)募集に関する通知」(2014年6月5日)
原語:「关于2014年招收在职人员攻读硕士专业学位工作的通知」学位办[2014]18号 [中文]
※2 「在職者攻読修士(専門職学位)全国連合試験」・・・ 原語:「在职人员攻读硕士专业学位全国联考」

※同試験については、大学評価・学位授与機構作成の「中国高等教育質保証インフォメーション・パッケージ」p. 19「在職攻撃修士学位課程」の項を参照。

※3 「Executive MBA」・・・ 原語:「高级管理人员工商管理硕士」
※4 「全国修士大学院統一入学試験」・・・ 原語:「全国硕士研究生统一入学考试」
カテゴリー: 高等教育関係(中国), 中国 タグ: パーマリンク