TEQSAの機関ポータル(Provider Portal)について

原典:TEQSA(オーストラリア高等教育質・基準機構)(英語)

TEQSA(オーストラリア高等教育質・基準機構)は2014年6月、新たに「機関ポータル(Provider Portal)」を公表した。機関ポータルは、高等教育機関からの申請書の提出と情報の要求への対応をオンラインにすることによって、TEQSAとの連携をより円滑にするものである。

申請機関の職員は機関ポータルにログインすることによってアクセスでき、そのためのログインIDとパスワード等の情報はTEQSAの担当者から該当機関に通知される。

機関ポータルの特徴

  • 機関は段階的に申請手続きに取り組むことができる
  • TEQSAとCRICOS(留学生向け教育機関・コース政府登録制度)両方への申請手続きが可能であり、証拠資料として書類とリンクをアップロードし、同一のリソースを利用して、複数の申請書をTEQSAに提出することができる
  • 申請の進行状況を確認するために申請書のPDFをいつでも作成できる
  • 申請書が提出の状態になるまでどの段階であっても証拠資料を編集できる(書類の削除も含めて)
  • TEQSAからの情報要求に応じて必要となる可能性のある追加資料をオンラインで提出できる

機関ポータルサンプル画面

機関ポータルは機関が提出した申請の際の資料を格納しておき、他の申請の際に再度同じ資料を利用するためのリポジトリとしても機能する。TEQSAの職員は、申請機関から申請書の提出があり、機関登録に係る手数料が支払われた後、当該機関のポータルにアクセスすることにより、書類の維持管理も含め、機関からの質問や運営において機関を支援することができる。

なお、TEQSAの担当者からの申請機関のポータルへのアクセスは、主に、申請機関から要請があり、質問に対応するなどの場合に限られる。

ポータルの操作画面のスクリーンショット及び出力された申請資料サンプルが閲覧可能になっている。

カテゴリー: 豪州, 質保証制度関係(豪州) タグ: パーマリンク