2016年CHEA Award―学習成果測定の先駆的取組みが決定

原典:CHEA

「CHEA Award」とは、学習成果の測定に関して先駆的な取組みを行っている米国の教育機関を、CHEA(米国高等教育アクレディテーション協議会)が、2005年以降毎年表彰しているものである。このたび2016年の受賞校1校が1月13日に発表された。

今回の受賞校は、Lebanon Valley College(米国・ペンシルベニア州)の化学課程であり、学生の学習成果に関わる情報の活用が高い評価を受け受賞したものである。表彰式は、CHEA2016年次総会(2016年1月25日~27日)において行われる。

2016年CHEA Award受賞校

受賞校 概要 受賞理由
Lebanon Valley College

(米国・ペンシルベニア州)

1866年設立の米国・ペンシルベニア州アンビルの非営利・私立の教育機関。主としてリベラル・アーツ教育が行われている。

学士課程として36課程、修士課程として3課程ある。

正規学生は約1,600人、非正規学生は100人以上、大学院生は約200人が在学する。

大規模な学外ベンチマーキング試験(external benchmarking exam)を実施し、4年間の化学課程における、生徒の学習成果を追跡・調査する点が特徴である。

他の測定方法による学習成果のデータも含め、上記の試験から得た重要なデータを蓄積・分析することにより、化学課程の短期的・長期的計画を策定し、学生の学習成果の向上を図っている。

 

参考:過去のCHEA Award受賞校の一覧はCHEAウェブサイトで紹介されている。

カテゴリー: 米国, 質保証/アクレディテーション関係(米国) タグ: , パーマリンク