CHEA International Quality Group(CIQG)の諮問委員会(Advisory Council)委員が決定

原典:米国高等教育アクレディテーション協議会(CHEA)(英語)

CHEA International Quality Group(CIQG)(本サイト2013/3/27投稿記事参照)の諮問委員会(Advisory Council)の委員が決定した。(CIQGについてはこちら)

CHEA役員会は、外部から19名のCIQG諮問委員を指名したほか、CHEA内部からDavid G. Carter(CHEA理事長:Chair of the CHEA Board of Directors)、Judith Eaton(CHEA会長:CHEA’s President)、Stamenka Uvalić-Trumbić(CHEA国際部相談役:CHEA’s Senior Advisor on International Affairs)がCIQG諮問委員となった。

CIQG諮問委員会は地域性を勘案し、大学教員、アクレディテーション団体関係者、質保証機関関係者、国際的質保証の専門家、高等教育や質保証に取り組む国際的な組織の関係者で委員が構成され、戦略方針・会員の開拓・今後取り組むべきプロジェクト・国際的質保証の課題や動向について指針を与えることとなっている。

CIQG諮問委員に指名された19名の国の内訳は、米国:9名、中国:2名、エジプト、オーストラリア、チリ、イスラエル、ナイジェリア、インド、ベルギー、フランス:各1名となっている。

CIQG諮問委員名簿(英語)

カテゴリー: 米国, 質保証/アクレディテーション関係(米国) タグ: パーマリンク