NVAOがENQAの外部レビューで適格の結果

原典:NVAO(オランダ・フランダースアクレディテーション機構)(英語)

ENQA(欧州高等教育質保証協会)は、正会員資格のある質保証機関に対し、最低5年に一度、ENQAの「Standards and Guidelines for Quality Assurance in the European Higher Education Area: ESG」に示される基準に基づいて、ENQAが任命する国際評価委員による外部レビューを受けることを義務づけている。

この仕組みのもと、NVAO(オランダ・フランダースアクレディテーション機構)は、2012年1月から約10か月のスケジュールでENQAによる外部レビューを受け、2012年9月にENQAによるレビュー報告書を発表、適格(positive)の結果が公表された。報告書名は、「Report of the Panel of the external review of NVAO」

基準は、①質保証機関の活動、②質保証機関の公的地位、③資源、④ミッションステートメント、⑤独立性、⑥外部質保証の規準とプロセス、⑦アカウンタビリティーの手順、⑧その他で構成。

今回NVAOのレビューを行った国際評価委員は、「書面調査と訪問調査の結果、NVAOがESGが定めるENQA正会員に求められる質保証機関としての基準をすべて満たしていることが確認できた」ことを適格の理由とし、ENQAの理事会に対し、NVAOのENQA正会員資格を5年間延長することを推薦した。

カテゴリー: オランダ, 質保証制度関係(オランダ) タグ: , , パーマリンク