英国の国境を越えた教育(TNE)の質保証の強化に関する調査結果報告書が公表

原典:英国高等教育質保証機構(QAA)(英語)

英国教育の輸出拡大を目指す、政府の国際教育戦略により、国境を越えた教育(TNE)(海外で提供される英国高等教育)における質保証の強化についての議論がなされている。

2013年12月から2014年5月にかけて、QAAと英国高等教育国際ユニット(IU)が共同で、英国の高等教育機関、学生、政府関係機関に意見募集を行い、5月30日にその結果報告書「Strengthening the quality assurance of UK transnational education – Consultation report」がQAAによって公表された。

報告書によると、回答者の69%がTNEの質保証を強化することに賛成であった。また、TNEを提供する英国の大学が、QAAに対しさらなる助言を求めていることも明らかとなった。

この結果をうけ、QAAは新たなTNEの質保証についての具体的な計画を、高等教育機関の代表者や他の関係者からなる実行グループと共同して進めていくこととしている。

新たなTNEレビュー方法の基本的な構成要素となるものは以下のとおり

  • TNEと機関別レビュープロセスは、互いに補完しあうものであり、緊密に連携する
  • TNEレビュープロセスは、柔軟性があり、かつ存在するリスクを認識している
  • テレビ電話会議とデスクベース分析のさらなる活用を通じて、TNEが提供する範囲を網羅する
  • 費用を軽減するために、地域的に近いところは、同一の出張の際に行うことができるように訪問を組み合わせる
  • TNEの質保証に、学生を参画させる(やむを得ない事情がある場合は行わない)
カテゴリー: 英国, 質保証制度関係(英国) タグ: , パーマリンク