CIHEがアクレディテーション基準の改正作業を開始

原典:CIHE(英語)

地域アクレディテーション機関の1つである、ニューイングランド学校協会(NEASC)の高等教育機関委員会(CIHE)は、2014年秋よりアクレディテーション基準の改正にむけて動き出している。これまでに9回の地区会合を所管地域および英国で開催し、改正の方向性をまとめたディスカッションペーパーをウェブ上で公表している。

今後は、改正基準案の提示、加盟大学からの意見募集、地区会合などを行い、2016年秋より新基準によるアクレディテーション審査を開始する予定としている。現在11の基準で構成されているCIHEのアクレディテーション基準は2005年に制定されたものに、2011年に微修正が加えられたものである。

公表されている資料によると、CIHEの評価基準は以下の10の改正方針のもとに行うことになっている。この中には、2014年に基準を改正されたMSCHE(本サイト2014/11/13投稿記事)でも見られた、観点をまとめ基準の数を減らす姿勢も含まれている。

  • 大学の使命中心姿勢の継続
  • 成果のさらなる強調
  • イノベーションの柔軟な受入れ
  • 大学の説明責任のさらなる追及
  • 大学の透明性のさらなる追及
  • 基準の簡素化
  • 明解な審査過程の維持
  • コンプライアンスと改善の切り分けの検討
  • 大学の分化促進
  • コンピテンスベース教育への対応

また、CIHEは加盟大学やそれ以外に興味を持つものに対して、下記のテーマに関する意見を特に募集している。

  • 学生が収める成果と成功
  • 教員の役割と構成
  • 大学や企業などとのパートナーシップ
  • コンピテンスベース教育、既修得学習など、様々な場で修得した単位
  • 図書館や遠隔教育などのテクノロジー
カテゴリー: 米国, 質保証/アクレディテーション関係(米国) タグ: , パーマリンク