仏:学術共同体の構成の現状について

原典:フランス国民教育・高等教育・研究省(MENESR)(フランス語)

フランス国民教育・高等教育・研究省(以下MENESR)が、2013年に制定された高等教育・研究法により誕生した25の学術共同体※1について、学生数に着目したレポート”Les effectifs étudiants dans les regroupements d’établissements en 2015-2016”及び各学術共同体の構成機関等の詳細情報をまとめた” Une politique de sites pour construire l’université de demain”を公表した。
※1…MENESRは、学術共同体とほぼ同義で”regroupements d’établissements”という用語を用いている場合もある。

1. 学術共同体について

高等教育・研究法は、教育課程や研究戦略等の地域的な連携や学生の生活向上、世界大学ランキングの上位を目指すため、同一地域内における高等教育・研究機関の統合を促した。その結果、20の大学・高等教育機関共同体(以下COMUE)※2及び5の連盟(以下association)が形成された。報告書が公表された時点では、構成は以下のとおりとなっている。
※2…COMUEはEPSCP(学術的・文化的・職業専門的性格を有する公施設法人)という形態をとる。

学術共同体 構成機関
Association (5) Aix-Marseille-Provence-Méditerranée, Alsace, Auvergne, Lorraine, Picardie
※Alsace、Lorraine及びAix-Marseille-Provence-Méditerranéeについては、それぞれの地域において統合された大学(ストラスブール大学、ロレーヌ大学及びエクス=マルセイユ大学)が基となり構成されている。
COMUE (20) Aquitaine, Hesam Université, Languedoc-Roussillon Universités, Normandie Université, Paris Sciences et Lettres, Sorbonne Université, Université Bourgogne Franche-Comté, Université Bretagne-Loire, Université Côte d’ Azur, Université Grenoble Alpes, Université Lille Nord de France, Université Paris Lumières, Université Paris Seine, Université Paris-Est, Université Paris-Saclay, Université Sorbonne Paris Cité, Université confédérale Léonard de Vinci, Université de Champagne, Université de Lyon, Université fédérale de Toulouse Midi-Pyrénées

2. 学術共同体の構成の現状

Ⅰ. 構成機関

  • 高等教育・研究法(2013年)制定により、フランスにある大学のほとんどが統合又は学術共同体に参画し、本報告書によれば、フランス全体で191機関が学術共同体の構成機関となっている(なお、72ある大学のうち、学術共同体に参画していない大学は、パリ第2大学、エヴリー大学、サヴォア大学の3大学)。その一方で、技術学校や美術学校の多くは学術共同体に参画していない。
  • associationは、COMUEに比べて構成機関数が少ない。最も構成機関が多い学術共同体はUniversité Bretagne-Loire(COMUE)で、21機関にもなる。また、学術共同体の構成機関のほとんどは公立機関である。

Ⅱ. 学生数

  • 学術共同体を構成する機関に所属している学生数の合計は1,691,802名(2015年現在)で、フランス全体の学生数の3分の2にあたる。
  • 最も学生数が多い学術共同体は、上記の構成機関数と同様Université Bretagne-Loire(COMUE)で、159,277名である。

Ⅲ. 外国人留学生数(※フランスでバカロレアを取得していない外国人留学生数)

  • 学術共同体を構成する機関に所属している留学生数の合計は209,000名(2015-2016年)であり、フランスの中心部であるイル=ド=フランス地域に所在するCOMUEの構成機関への所属が多く見られる。

Ⅳ. 国家免状(diplomé)※3の提供

  • 特に連携が進んでいる一部の学術共同体では、既に国家免状を提供している。博士号の免状を提供しているのは、Université Paris-Saclayを始めとする9つの学術共同体である。また、これらの学術共同体以外に、修士号の免状発行のため準備を進める学術共同体も存在する。

※3…国家免状とは、教育課程の修了を証明するものである。フランスでは、大学の学位(grade)及び称号(titre)は国がその授与権を有しており、国から認証を受けた高等教育機関が有し得るのはあくまで「国家免状」の授与権である。学位や称号は、当該機関から教育課程修了者に免状が授与されることにより、その結果として当該免状保持者に付与されるものである。

カテゴリー: フランス, 高等教育関係(フランス) タグ: , , , パーマリンク