中国政府が全教育段階のeラーニングサイトを開設

2022年3月、中国政府は、初等教育から高等教育までの授業動画や大学生向けの就職情報を提供する国家スマート教育プラットフォーム」(原語:国家智慧教育平台)を開設した。このプラットフォームの構築は、政府が目標として掲げるデジタル社会構築の加速化※1に関する取組の一つであり、中国の教育部直属機関である教育部教育技術資源発展センター(中央電化教育館)が運営している。

「国家スマート教育プラットフォーム」は既存のコンテンツを一つのドメイン(smartedu.cn)に集約したものであり、「初等・中等教育サブプラットフォーム」、「職業教育サブプラットフォーム」、「高等教育サブプラットフォーム」、「大学生就職情報サブプラットフォーム」の4つのサブプラットフォームで構成されている。

教育部の記者会見によると、「初等・中等教育サブプラットフォーム」は「双減(宿題と塾の削減)」政策やコロナ禍における「停課不停学(授業を止めても学びは止めない)」政策への対応として、「職業教育サブプラットフォーム」は職業教育のデジタル化を目的として、「高等教育サブプラットフォーム」は「一流の授業」(原語:金课堂)を永久保存する手段として、「大学生就職情報サブプラットフォーム」は、卒業生の増加とコロナ禍による厳しい就職事情※2を背景に、求人情報や就職活動に関連するサービスを一元的に提供する場として機能している。

また、実験的な取組として、本プラットフォームの地方版(北京市、天津市、内モンゴル自治区、上海市、江蘇省、浙江省、安徽省、福建省、江西省、湖北省、湖南省、重慶市、四川省、青海省、寧夏回族自治区)も構築中であり「国家スマート教育プラットフォーム」トップページの最下段のリンクより閲覧可能である。 ※1 中国政府は第14次5か年計画(2021~2025年)の中で、デジタル社会構築の加速化を掲げており、教育については、公教育システムにオンライン資源を導入し、良質の教育資源を農村や辺境地区の学校に普及させる(第14次5か年計画 第5編 表9の05スマート教育(原語:专栏9 05智慧教育))としている。

※1 中国政府は第14次5か年計画(2021~2025年)の中で、デジタル社会構築の加速化を掲げており、教育については、公教育システムにオンライン資源を導入し、良質の教育資源を農村や辺境地区の学校に普及させる(第14次5か年計画 第5編 表9の05スマート教育(原語:专栏9 05智慧教育))としている。

※2 国家統計局によれば、2022年度の高等教育機関の卒業生は1,076万人で(2021年度は909万人)過去最高に達した。一方で、2022年度の卒業生の就職が厳しいことを反映し、卒業生の就職活動の時期である7月の16‐24歳の失業率は19.9%前年同期の16.2%から3.7ポイント上昇した。

各サブプラットフォームの主なコンテンツは次の通り。( )内は原語。

1.初等・中等教育(国家中小学智慧教育平台)

  • 思想教育(德育)
  • 各学年・各教科の教科書の単元ごとの授業動画(课程教学)
  • 体育(体育)
  • 芸術(美育)
  • 労働教育(劳动教育)
  • 副教材(课后服务)
  • 教員研修(教师研修)
  • 家庭教育(家庭教育)

2.職業教育(国家职业教育智慧教育平台)

  • 思想教育(德育)
  • 専門科目の授業動画(课程教学)
  • 体育(体育)
  • 芸術(美育)
  • 労働教育(劳动教育)
  • バーチャル実践訓練(虚拟仿真实训)
  • 教員能力開発(教师能力提升)
  • デジタル教科書(教材)

3.高等教育(国家高等教育智慧教育平台)

  • 思想教育(思政课)
  • 授業動画(课程)
  • 体育(体育)
  • 芸術(美育)
  • 労働教育(劳动教育)
  • デジタル教科書(教材)
  • バーチャル実験(虚仿实验)
  • 大学院教育(研究生教育)
  • 教員研修(教师教研)
  • 課外活動(课外成长)
  • 院士※3の講義(院士讲堂)

※3 院士とは、国が定める科学技術における最高の学術称号の名称、または、院士を授与された者。

4.大学生就職情報(国家24365大学生就业服务平台)

  • 求職者向け(我要求职)
  • 求人者向け(我要招聘)
  • ジョブフェア(专场招聘)
  • 就職指導(就业指导)
  • 適性検査(职业测评)
  • インターンシップ(实习岗位)

原典:国家智慧教育平台正式上线(中国語)

カテゴリー: 中国 タグ: , パーマリンク

コメントを残す