新型コロナウイルス感染拡大の影響によりブルネイで高等教育機関への入学に必須の統一試験が延期

2020年3月25日、ブルネイ教育省は世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、高等教育機関への入学にあたって受験が必須とされる統一試験「Brunei Cambridge General Certificate of Education (BC GCE)」Aレベルの実施を2020年4月から6月にかけて予定していたが、その中止を発表した。

この決定はGCE Aレベル等の資格試験を行う国際的な団体であるCambridge Assessment International Education (CAIE)が、2020年3月23日に2020年5月/6月期の試験について、いずれの国においても実施しないとしたことを受けたものとみられる。なお、ブルネイでは一般的に大学は8月頃から始まる。

今後について、ブルネイ教育省はCAIEと協働し、代替的な試験を設けることによって学生の学習の継続性を失わないようにするとし、CAIEとの協議を行い次第、教育省は対応を発表する。

なお、CAIEによる4月8日時点での発表では、すでに提出済みの予想グレード(forecast grades)をもとに教員が生徒の成績を決めたり、ランク付けしたりすることによって見込みのグレード(predicted grades)をCAIEに出す。CAIEは提出されたグレードを用い、そのほかのデータを使って調整し、最終的なグレードを決定するとしている。

CAIEと同様に高等教育への進学に必要な試験等を実施する団体である国際バカロレア(IB)も新型コロナウイルス感染拡大に伴う試験の中止を発表している。

ブルネイ教育省は10月/11月期のBC GCEのAレベル試験の受験者の登録を開始したが、この試験も新型コロナウイルスの状況による変更を受ける可能性について言及されている。

原典①:ブルネイ教育省(マレー語)
原典②:CAIE(英語)
原典③:CAIE(英語)
原典④:国際バカロレア(英語)
原典⑤:ブルネイ教育省(英語・マレー語)
参 考:ブルネイ教育省(英語)

カテゴリー: ASEAN タグ: , , パーマリンク

コメントを残す