韓国: 専門技術修士課程の基本計画発表-2023年度から制度本格化へ-

韓国教育部は2022年1月27日に「2023学年度専門大学専門技術修士課程基本計画 (原文:2023학년도 전문대학 전문기술석사과정기본계획)」を発表した。これまでパイロット事業参加大学のみが認可を受けていた専門技術修士課程の設置について、2023年度より対象が専門大学全体に拡大され、専門技術修士課程の制度が本格化することとなった。

専門技術修士課程とは

専門技術修士課程(原文:전문기술석사과정)とは2021年の法律改正により新設された専門大学※1(原文:전문대학)における修士課程である。従来専門大学は専門学士学位及び学士学位※2のみを授与するものとされていたが、近年需要の高まりを見せる先端分野での高度専門職業人材の専門大学での育成を目的として、2021年3月23日付けで高等教育法が一部改正され、同課程の設置・運営が可能となった。法制化以降は、専門大学5校(幹事校のみ、協力校3校含まず)がパイロット事業として13の専門技術修士課程を試験的に運営していた。また2021年12月には教育部よりこれら13の課程に対し、2022年度※3からの正式な専門技術修士課程としての運営が認可された。詳細については本サイト2021年9月7日掲載記事を参照のこと。
※1 教育部、韓国教育開発院の教育統計年報2021によれば2021年4月1日時点で専門大学の機関数は134校。
※2 韓国の専門大学は、高等学校の卒業者等を入学資格とし、一部の分野を除き修業年限は2~3年間、卒業すると専門学士の学位が授与される。また、専門大学卒業者の継続的な教育のために専攻深化課程(修業年限1年以上)が設置されており、同課程を修了した者には学士の学位が授与される。専門大学の詳細については当機構発行「諸外国の高等教育分野における質保証システムの概要 韓国」の7ページを参照のこと。
※3 韓国の学年暦は3月1日~翌年2月末日。

2023年度専門大学専門技術修士課程基本計画

今回発表された基本計画の主な内容は以下の通りである。
  • 2023年度より専門技術修士課程の設置が可能な機関を専門学士課程及び専攻深化課程の両方を開設・運営する専門大学に拡大する。
  • 同課程の設置を申請する専門大学は、同課程に専任教員を5名以上確保することや、専門学士課程と専門技術修士課程の入学定員の比率を1:1に調整すること等の設置要件を満たす必要がある。
  • 2021年11月に発表された「人材養成政策革新方策※4」の方針に従い、教育部を含めた各省庁の需要を反映した分野に関する教育課程の申請に対しては、設置審査時に加点を行う。2023年度開設の審査においては臨床試験、バイオ医薬品の生産工程の分野に関する教育課程が加点対象となる。
  • 2023年度開設に当たっては、申請校が2022年2月28日までに運営計画書を教育部へ提出のうえ、審査を経て6月30日までに申請校へ設置の可否が通達される。
  • ※4 人材養成政策の社会的役割を強調し、政策の一貫性と体系性を高めるための省庁間協力体制の構築を趣旨に、教育部、文化体育観光部、保健福祉部等人材養成関係省庁が共同発表したもの(参考:教育部)。

    教育部長官のコメント

    韓国のユ・ウネ(兪銀惠)副総理兼教育部長官は今回の計画発表に際し、「内実の伴った専門技術修士課程の運用及び同制度の活性化を通じて、新たな産業の需要に対応しうる専門技術人材の養成を持続的に支援していく。」とコメントしている。

    原典:教育部(韓国語)

    カテゴリー: 韓国 タグ: , , , パーマリンク

    コメントを残す