英国大学生のアカデミック経験 2012報告書発表

原典:英国高等教育政策研究所(The Higher Education Policy Institute)(英語)

英国高等教育政策研究所(The Higher Education Policy Institute)が、英国の第一学年および第二学年の大学生9,000人以上に対し、世論調査をおこない、今般、報告書「The academic experience of students at English universities – 2012 report」を発表した。

英国では、2012年9月から各大学の授業料が現行額の約3倍に増額される。本報告書では学生が高い授業料に見合った学術・研究指導を受けているかについての調査報告となっている。

調査項目として、授業時間(コンタクト時間)、自己学習時間、総合学習時間、指導グループの規模について、各調査結果が示されている。

主な内容は以下のとおり。

授業時間 週当たりの平均授業時間数
2006年=13.7時間、2007年=14.2時間、2012年=13.9時間
自己学習時間 週平均 2006年=13.1時間、2007年=12.7時間、2012年=14.4時間
総合学習時間 週平均の合計学習時間(学生の授業出席時間と自己学習の時間の合計)
2006年=26時間、2007年=25.5時間、2012年=27.2時間
指導グループの規模 92年以降設立の大学では、学生及び専門カレッジの学生は、正規の教員から比較的少人数制による授業を受けているが、伝統的な大学(92年より前に設立)においては、学生は多くのケースで大学院学生によって授業を受ける傾向にある。
カテゴリー: 英国, 高等教育関係(英国) タグ: パーマリンク