英国及び中国がTNEプログラムの質保証に関する声明を発表

出典:British Council(英語)

今年より新たに英中教育政策週間(UK-China Education Policy Week)が3月14日から19日まで中国の北京で開催され、英中両国における国境を越えた教育プログラム(TNEプログラム)の質保証の指針となる「北京声明(BEIJING STATEMENT)」が発表された。

英中教育政策週間とは、2015年に開催された英中国民対話及び英中教育サミット(本サイト2015/11/10投稿記事)のフォローアップとして実施されたもので、「TNEプログラム」、「職業教育」、「交換留学」、「卒業生の就職力」、「起業家精神」など幅広いテーマのもと多数の教育政策イベントが開催された。このイベントには英中両国から様々な分野の専門家およそ100人が集い、議論がなされた。

「北京声明」は、高等教育セクターとの協議の上、ブリティッシュ・カウンシル、中国教育国際交流協会(CEAIE)、中国教育部学位・大学院教育発展センター(CDGDC)、英国高等教育質保証機構(QAA)及び英国高等教育国際ユニット(IU)らの協働により起草されたものであり、英国のビジネス・イノベーション・職業技能省及び中国教育部の支援のもとブリティッシュ・カウンシル及びCEAIEが共催したワークショップの中で発表された。

「北京声明」では、TNEプログラムの質保証に関し、データや情報の共有を促すため両国の質保証機関等が恒常的なチャンネルを持つこと、機関間の連携を向上させるための方法を模索すること、ベストプラクティスや各機関の経験を共有することの重要性を確認することなどが言及されている。

今後、参加機関はTNEプログラムを開設する際には、今回合意された指針に従うことになる。

以下、「北京声明」における質保証に関する箇所の抜粋

参加機関は、2015年の英中間戦略的枠組を通して確認されたTNEの質保証における協働・連携の精神において、この声明に合意する。

  • TNEプログラムは、高等教育における人材育成、創造性、生産性をもたらす重要な要素である。また、英中間で質保証に関するベストプラクティス及びその経験を共有することは、両国の高等教育における強力な連携に資するものである。
  • 質の向上やTNEの基準の確保の第一義的な責任は、各高等教育機関や教育プログラムが有する。
  • 国内外における政策対話や研究がより促進されるべきであり、そのことがTNEプログラムの質保証における主要な鍵となる。
  • 国内外における協力・連携(質保証機関の連携を含む)は、TNE制度の質向上の機会を増加させる。
  • 両国は、データ及び情報のさらなる共有の可能性を認め合う。その際、プログラムの提供側と受入側が負う法的役割が異なることを考慮することで、その差異は、一層強固な質保証連携および質保証の環境づくりに向けて「好意的な差異」と捉えることができるだろう。
  • 質保証機関やその他関係機関は、恒常的な窓口を相互に増やしていくべきである。そのことが、未来の連携をより容易にする。
  • 英中両国の関係機関はTNEの質保証に関して今後連携を深めていくためのサポート支援を行う。
カテゴリー: 英国, 質保証制度関係(英国) タグ: , パーマリンク