ASEANで進む職業資格の相互認証

出典①:Migration Policy Institute
出典②:Asian Development Bank(報告書本文)
出典③:The Association of Southeast Asian Nations

7つの分野で職業資格の相互認証協定

観光業資格では自動認証の状況

医療系3分野では共通の枠組みが未整備

10ヶ国が1つの共同体を構成する東南アジア諸国連合(ASEAN)では、これまでに7つの分野*1で各国の職業資格を認め合うための協定を結んでいる。アジア開発銀行はアメリカのシンクタンクMPIに委託して、相互認証協定(MRA: Mutual Recognition Agreement)と呼ばれるこの制度の実施状況を調査し、その結果を明らかにした。
*1エンジニア、看護師、建築士、医師、歯科医師、会計士、観光業資格の7つ。さらに測量士に関しても枠組み作りが進んでいる。

Open Windows, Closed Doors”と名づけられたこの報告書によると、相互認証が最も進んでいるのは観光業資格*2。ここでは、ASEAN共通の職業資格が各国に導入されており、資格を取得した国に関わらず他の国での就労が可能な「自動認証」という状況が生まれている。
*2飲食サービス9件、調理10件、接客5件、家政5件、旅行手配12件、旅行代理11件の資格が含まれる

観光業のASEAN共通資格の例:接客部門

資格名(レベル) 該当する職業例
The Certificate II in Front Office – Incorporating Certificate I Junior Bell Boy, Assistant Porter, Bell Boy, Porter
The Certificate III in Front Office Assistant Receptionist, Telephone Operator
The Certificate IV in Front Office (Guest Services Supervision) Front Office Receptionist, Manager – Guest Relations, Concierge, Night Auditor, Front Office Shift Captain
The Diploma of Front Office (Supervision and Administration) Front Office Supervisor
The Advanced Diploma of Front Office Front Office Manager

一方で、会計士、建築士、エンジニアの資格では、各国の資格がまずASEAN共通の資格に読み替えられる。その後、就職先の国の資格にもう1度読み替えられることで、結果的に資格の相互認証が実現するという状況である。しかし、読み替えの際には各国独自の制約などが加味されることがあり、必ずしも希望の職業に従事できないのが実情のようである。

他方、歯科医師、医師、看護師ではASEAN共通の資格や認証組織が整備されていない。そのため、各国の資格は移動先の国の資格と直接比較されることになる。この制度のもとでは資格の審査に大変時間がかかり、前述のASEAN共通資格がある場合と比べ、国の移動にともなう障壁は非常に大きい。

ASEANと同じく労働者の移動障壁の撤廃を目指す欧州でも、一部の職業資格では相互認証が始まっている。「職業資格の相互認証に関する指令」(2005/36/EC)は、欧州域内の職業移動の自由をもたらすために定められている。これに基づき、現在6つの業界*3で資格の相互認証が実行(本サイト2015年3月16日掲載記事)されており、さらに助産師資格についても2020年までに相互認証を実現することで合意されている。
*3ヘルスケア、医師、歯科医師、看護師、獣医師、薬剤師、建築士

カテゴリー: ASEAN タグ: , , , パーマリンク