タグアーカイブ:UNESCO

ユネスコが、オンライン教材等の導入の効果を測定するための指標の開発に着手

出典①:UNESCO(英語) 出典②:UNESCO(英語) 出典③:OERu(英語) ユネスコは、2016年11月15日から16日までユネスコパリ本部にて、オープン教育リソース(Open Educational Resource: 以下、OER)の導入とその効果を測定するための指標開発に向けた専門家 … 続きを読む

カテゴリー: 国際機関等 | タグ: , | コメントする

ASEAN+6加盟国の高等教育の国際化指標に関する専門家会合が開催

原典:UNESCO(英語) UNESCOバンコク事務所は東京大学と協力して、2016年11月3日から2日間にわたり、タイのバンコクでASEAN+6※1の加盟国における高等教育の国際化の指標の専門家による会合を開催した。会合ではASEAN+6加盟国における高等教育の国際化指標について取り上げ、Educ … 続きを読む

カテゴリー: 国際機関等 | タグ: , | コメントする

CHEAとIIEP‐UNESCOが質保証、アクレディテーション及び学術不正(Academic Corruption)に係る専門家会議を共催

原典:①CHEA-News Release March 31 2016(英語)【2017/4/19時点リンク切れ】 ②IIEP UNESCO| International institute for educational planning(英語) 米国高等教育アクレディテーション協議会国際質保証グ … 続きを読む

カテゴリー: アメリカ合衆国 | タグ: , | コメントする

UNESCO Bangkokが海外資格認定のための参照書を刊行

原典:UNESCO Bangkok(英語) ユネスコ・アジア太平洋地域教育局(UNESCO Asia-Pacific Regional Bureau for Education/通称:UNESCO Bangkok)は、2013年8月に、海外資格の認定のための参照書「Toolkit for the R … 続きを読む

カテゴリー: 国際機関等 | タグ: , | コメントする

外国資格認証における資格枠組みの使用勧告

コメント(解説):欧州諸国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどでは、資格枠組み(qualifications framework: QF)と呼ばれるものを開発しています。資格枠組みはレベル別(例えばオーストラリアはレベル1-10)になっており、その国で授与される資格はどこかのレベルに該当す … 続きを読む

カテゴリー: 国際的な共同教育 | タグ: , , | コメントする

国境を越えた教育提供におけるグッド・プラクティス規約(改訂版)

コメント(解説):本規約は、国境を越えた教育提供におけるリスボン認証条約の補足文書の位置付けで、派遣・受入双方の国が留意すべき観点について定めています。また、授与される資格・学位の質保証や通用性の向上、関係者すべての利益の確保なども期待されています。大学が国境を越えた教育を提供する際の注意点として参 … 続きを読む

カテゴリー: 国際的な共同教育 | タグ: , , | コメントする

国境を越えて提供される高等教育の質保証に関するガイドライン

コメント(解説):国境を越えた教育の提供のために、政府、高等教育機関、質保証機関らのステークホルダーが、それぞれなすべき指針がまとめられています。国境を越えた高等教育を提供する際に、大学が気を付けることは何か、また今後の政府や質保証機関に期待される役割は何かということが分かります。 正式名称 Gui … 続きを読む

カテゴリー: 国際的な共同教育 | タグ: , , , , | コメントする

ジョイントディグリーの認証に関する勧告

コメント(解説):大学、資格認証機関や質保証機関が、進学などのための審査でジョイントディグリーを評価する際に、基づくべき原則が記載されています。大学が授与したジョイントディグリーを、他機関が資格審査をする際、審査の透明性が確保されているかという視点で参考になります。ジョイントディグリーの扱いに関する … 続きを読む

カテゴリー: 国際的な共同教育 | タグ: , | コメントする